庭がある一戸建てを購入

庭がある一戸建てが欲しいな〜と考えていたので、いくつか物件見学会へ参加するなど、積極的に活動するようにしていました。やはり家族で一緒に新築一戸建てを見学しているとイメージがわくので、どういった家に住みたいか、じっくり相談できるようになります。もちろん親の考えのみではなく、子供の意見も取り入れながら快適な住まい環境を探したいと考えていました。一戸建てはハウスメーカーによって家の造りも違いますし、かなり雰囲気も違いがあります。なので、実際、見学しないとわからない部分も多いので、休みの日を利用して物件の内覧会など参加していました。

 

快適な一戸建ては、やはり庭がある方がいいな〜と思い、子供が幼少期は庭にビニールプールを広げて遊びたいと考えていたので、庭がある家を探しました。駅近くになると土地の値段も高騰するので、庭なしで3階建て物件などが多くあり、やはりちょっと不便な印象を受けたので駅から少し離れた一戸建てを購入しました。

注文住宅というのはすべての家族が満足するもの

筆者自身のことになりますが、数年ほど前に何とか新築の注文住宅を建てることができました。 其処で感じたことは、注文住宅の利点というのは先ずは有る程度の基本的な構想や概略図を自分たちで描くことが出来るということです。 

其の条件というのは其の人の私的職業や高度な研究、趣味などによって家の造りというのは異なってくるからです。

近年では、個性的な注文住宅も目につくように高度にデザイン化された住宅もあるようで、これだけは注文住宅でなければ出来ないことですね。

それはともかくとして、何といっても家族が住む住宅で特に注文住宅などを建てるには、すべての家族が満足するものでなければなりませんし、此れも注文住宅の大事な条件の一つでしょう。 

加えて生活環境や鉄道事情、交通手段、それに周辺の自然環境、その他の諸々の諸条件を考慮しなければ成りません。 

勿論、家を立てると言う事は、これ等条件に更に、予算面も考慮することは必要であり、そして、土地と併せて住宅の価格や場合によっては住宅ローンといった金銭面でも条件に加える事は必定なことです。

土地選びは水はけがいいかどうかも大切

土地を選択するときに、自然災害にあうことが少ないようにしたいですね。今、住んでいる広島で購入した分譲住宅は安心できる場所なのですが、私が以前に住んでいたところは、川の近くだったのでその川の水が溢れた時に、床上浸水になったことがありました。普段の生活の中で、川が近くにあると、とても気持ちがいいと思っていたのですがそんなときは、本当に怖いので心配になったことです。そのことからも、川に近いところに家があるということは、そのような災害も視野に入れることが大切です。
今の新築の家の場合は、そんな心配がないと思っています。地震による津波についても、かなり心配なしの地域となっているからです。そのことについても、とても心配ですね。自然災害は、いつあるのかわかりません。そのことを最近は、特に心配するようになりました。土地選びは、安心して暮らすことができる場所を慎重に選ぶことが大切であると思っています。その川は、安心できる川なのかそのことも検討することも大切です。

自宅で英語塾を開くことで住宅購入

自宅で英語塾を開設することになり豊田市にガレージ付きの一戸建てを購入することにしました。

ちょうど大手の英語塾の説明会に参加し、ホームティーチャーを募集していたので、応募したのがきっかけになりました。そして英語塾は、研修もしっかりあるし、なかなか自分も勉強しながらスキルアップすることができると思い、応募しました。そして、教室を開くに至り、自宅が賃貸マンションだったので、子供達が通うと自転車置き場なども気になり、マンション更新日も近づいていたので、一戸建て物件の購入を検討するようになりました。

やはり、じっくりと探したほうが気に入った物件が見つかるだろうと思い、一戸建て物件探しを行いました。英語塾を開催しやすいよう、和室部分で英会話教室を開くことにしました。1レッスン5人ほどで開催したいと思っていたので、広さも十分に取れるところを考慮して、物件探しをしながらここなら安心してレッスンを受けることができると実感できたところを探し、一戸建てを購入して英語塾を開きました。

土地選びで私が感じた苦労

注文住宅で自然素材の家を建てたいと思い建てる際に私が感じた土地選びの苦労ですが、いくつかありました。
まず、私が住んでいるのは大阪なのですが、都市になると、住宅をたてることができるエリアが限られているという点です。
たとえば、ちょっと街中でも、住宅の更地が売っていることもありますが、何かと条件が折り合わなかったり、周辺は古い家ばかり、近所づきあいが大変そう…ということもあります。また、自分が住みたいエリアの分譲が始まってしまっていたとしても購入のタイミングの際には、既に募集を終了してしまっていたり、タイミングが合わなければ、購入する前に全て売却済みになってしまっていることもあります。
そうなると、開発されるエリアを探す必要が出てきます。
自分が家を購入するタイミングで、こういった土地の売り出しが始まっているとは限りませんし、当たり前ですが、土地というのは有限です。このため、気に入った土地、予算で折り合いをつけるのはかなり苦労をしました。

一戸建てを建てた我が家の小さな自慢

我が家が岡崎に建てた注文住宅の一戸建ては予算上、特別大きな家でもなければ充実した設備もありませんが、小さな自慢といえば、洗濯物がたくさん干せる広いベランダと庭の小さな家庭菜園です。一戸建てを建てる際に、広告や展示場で様々な家を見てきましたが、見た目がお洒落で素敵でした。でも二階のバルコニーが二つに分かれていたり、小さめだったりするものが多く、我が家は布団や洗濯物を一気に大量に干すため、広いバルコニーが欲しくて二階の部屋が全部繋がっている大きなバルコニーを作りました。
晴れた天気のいい日には家族全員分の布団を一気に干すことができとても満足しています。
冬場は特に毛布も加わり、大量に干せるので気持ちがいいです。天候や気温によって外に出れないときは、大きなバルコニーで追いかけっこや寝っ転がる遊びを子供がしています。
また、庭に作った小さな菜園には、季節の野菜やお花を植えて楽しんでいます。土いじりは子供達がとても喜ぶのでおすすめです。

リビングが広い一戸建て物件を購入

子育てする上でリビング学習は必要だと考えていたので、今の知立の新築一戸建てにたどり着く前から、リビングは広々とした空間になっていることころを探しました。リビングに子供の机を置いて学習したいと考えていたので、リビングはある程度の広さがあり、リラックスできる空間になっていることを条件にしました。子供がいつでも目が届くようにリビングは明るい雰囲気にして、季節の花を置いたり、観葉植物を置いて明るい雰囲気にするなど、ちょっとしたアレンジも取り入れやすいような住宅にしたいと考えるようになり、一戸建てはリビングが広くて日差しが適度に入るような明るい雰囲気の住宅を探すことにしました。なので、けっこう住宅が密集しているところは日差しが入らないので、暗いイメージになるため、昼間の日差し加減や部屋の向き、周辺の住宅状況などもきちんと把握することにしました。気に入った物件を見つけることができたので、一戸建て物件で素敵なリビングがついた物件を購入することにしました。

新浦安に住んでみたい

実家の両親は豊田市に平屋を建てましたが、上京した私の住みたい街は、ファミリーにはもちろん単身者にもお勧めの【新浦安】です。
千葉県民以外には馴染みがない人も多いかもしれませんが、新浦安の魅力を以下ご紹介します。

(1)アクセス抜群!東京駅まで18分
千葉県浦安市にある新浦安は東京駅まで京葉線快速で18分。都内に通勤される方にもとても便利な立地です。また、羽田空港までも35分と便利なので、出張の多いビジネスマンや旅行好きにもぴったり。

(2)駅チカで全て揃う!ショッピングモールが充実
新浦安駅直結のアトレがあり、駅前にはショッピングセンターのイオンに雨に濡れずにアクセスできます。生鮮食品からファッションまで生活に必要なものはほぼ揃えることができるのでとても便利です。

(3)子どもの教育環境も充実しており安心
教育熱心なファミリー世帯が多い新浦安エリアには日能研、SAPIXなどの大手学習塾があり、子どもの教育環境も充実しています。近隣には市立図書館があり学習室で自習する学生の姿がよくみられます。駅前のイオンには幼児向けの学習教室や体操教室もあり、子どもを預けている間に買い物をすることができとても便利です。

PR|おしゃれな平屋リフォームなら

建売住宅を購入してからDIYがはかどる

建売住宅のマイホームは建ててからDIYして自分好みにしてもいいんですからね。いや、なにも自分でリフォームしなくとも、業者に頼んでリフォームしてもらってもいいんですから。建売住宅はハウスメーカーで作られていますので、当たり前ですが自分好みの家ではないわけです。

けれども「自分の家」にしてからは、どんな感じに手を加えてもいいわけですからね。ですからDIYしがいがあるというわけです。それに、建売住宅っていい意味で結構スキがあるんです。まあ物件にもよるとは思うのですが、扉付つきの収納を増やすスペースの余裕があったり、棚をつけるスペースがあったりと。

ですから建売住宅を購入して、あれこれリフォームのアイディアを出すのも楽しいと思いますね。まあそれを言えば、中古住宅の方がリフォームの幅は広がっているとはいえますが、いかんせん中古住宅は当たり前ですが「中古」ですからね。

ですから「新品がいい」という人にはきついわけです。うちの旦那みたいに。だからこそ建売住宅を購入してのDIYがいいと思うというわけです。

注文住宅を建てるための費用を安くするコツ

注文住宅は生活のスタイルに合わせて間取りを自由に決め、個性的なデザインにすると生活の拠点として愛着を持てます。業者に依頼する時は信頼や実績があることを確かめ、予算や目的に合わせて気軽に相談しやすくすると効果的です。住宅物件は価格が高くローンをして返済する方法が多く、失敗をしないように計画を立てて住みやすい環境にする必要があります。

注文住宅は好みに合わせてデザインを決めることができ、家族で長く安心して暮らせる環境にすると満足できます。業者に依頼する時は信頼や実績があると様々なことを相談しやすく、費用を安くする方法を提案してもらえます。住宅物件の価格は地価や材質によって変動しやすく、見積もりをする際に内容を確認して納得をしてから決めることが大事です。

注文住宅を建てるための費用を安くするコツは複数の業者の見積もりを比較し、スタッフと相談して様々な方法を試行錯誤して考えると新たなきっかけをつかめます。

PR|建て売り住宅はアイムユニバースへ|