東京江東区の下町情緒豊かな「門前仲町」の周辺。

東京江東区で一戸建てを持つなら門前仲町がオススメです。門前仲町は、東京駅や銀座、日本橋地区の東側や新開地の豊洲や辰巳地区の北側に有って、それに併せて東京都内でも下町風情を残している地域と三拍子揃ったところでもあります。 新開地の豊洲周辺は新市場や次期東京オリンピックでも話題になっているところでもあり、又、当地は深川や木場地区とも言って隅田川の河口付近になり、主要な駅は都営大江戸線・東京メトロ東西線の門前仲町駅になります。

「門前仲町」の地名は勿論、寺院の門前町ということから付されたもので、古くは永代寺(富岡八幡宮の別当寺)ともいい現在は富岡八幡宮(通称、深川八幡)など著名な神社仏閣を有する江戸期の風情を残している地域でもあります。

此の深川八幡と言えば江戸勧進相撲の発祥の地としても知られ、現在も新横綱誕生のおりの奉納土俵入りなどの式典が執り行われるほか、相撲にまつわる数々の石碑が建っています。 そんな、東京の下町情緒豊かな門前仲町駅周辺や界隈には、昔ながらの商店街が多く存在しています。